第0回 歌舞伎町文学賞受賞作「JKリフレの思いで」

JKリフレの思いで

作者 はにわ
19xx年生まれ。男。愛知県在住てんびん座。20xx年。、文筆家を目指しつつも普通に就職。20xx年文筆家を目指してたら精神的ニートに。21xx年人類滅亡の瞬間に立ち会う夢を見た。
この度は身に余る賞をいただき大変光栄です。好きな要素を組み合わせて好きなように書きました。できればもうちょっと 上品な作品で上品な文学賞を受賞したかったですが、ともあれやっぱり嬉しいです。ありがとうございました。

選考委員からのコメント

「勢いがすごい」にゃんたこ

「めっちゃ好きです、」プロ奢ラレヤー
「本当に気持ち悪い、いい意味で。書いた方とは友達にはなりたくないけど 偶然居酒屋で隣の席になりたいです」MC角煮
「個人的にベスト3に入ります。文章・構成・設定がしっかりしてる。余韻のなさも いわゆる「歌舞伎町的」でテーマに合っているのでよいと思います。」せりな
「1番気持ち悪い感じ」メカ節子
「ちょうどよい長さで文章も淡々としているのに内容が面白かったです。」玉木くるみ
「キャラ、設定、文章、構成がしっかりしている。表現の仕方もありふれたものではないこの文章に 魅力を感じた。SFっぽいので読んでて面白かった。途中の表現も笑えたので良い」脳みそドリア
「構成がしっかりしている」朱野翔
「短編アニメムービーでありそう、駆け抜ける感じがよかった。」スタッフ

 

以下、作品になります。

この記事を購読できるのは、以下の会員です。
・KABUKIプラン
・プレミアムプラン

会員登録はこちらから

このコンテンツを閲覧するには会員登録が必要です お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新情報をチェックしよう!
>ご支援のお願い

ご支援のお願い

KabuLeaksは、広告に依存せず、第三者からの圧力に屈しない、独立したメディアを目指しています。 今後も皆さまに「尖った」記事を届けるため、ご支援をお待ちしております。